2007年1月 6日 (土)

15冊目 チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷

塩野七生著、「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」を紹介します。 昔、この本を読んで歴史小説にも興味を持ちました。

評価:星4つ ★★★★

塩野七生は、「ルネサンスの女たち」で作家デビューを果たし、本作をはじめ、歴史小説を多数執筆しています。 「ローマ人の物語」などは書店でもよく見かけます。 私は塩野七生の本をそれほど読んでいるわけではありませんが、このチェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」はかなり面白かったです。 これがきっかけで藤本ひとみやクリスチャン・ジャックなど、古代から中世の歴史小説を読む楽しみを覚えてしまいました。

チェーザレはイタリア、ルネサンス期の人物で、法王ロドリーゴを父として枢機卿になった後、自ら緋の衣を脱ぎ捨て、各地を征服する覇者となり、享年31歳という短くも激動の人生を送ります。

ボルジア家といば、やはり毒薬使いで陰謀好きというイメージがあると思いますし、実際チェーザレも無慈悲なのですが、この本では史実に基づき第三者視点でチェーザレを描きながらもその魅力を引き出しています。

あとがきにもあるように、塩野七生「悪名高きボルジア家」として定着したイメージを覆したいと思いこの本を書いたのでしょう。

また、「君主論」で有名なマキャベリレオナルドダヴィンチといった偉人たちと同時代に生き、マキャベリをして絶賛させたチェーザレ・ボルジアの政治力・行動力は読んでいて舌を巻くものがあります。

そして絶頂からの不運の連続、失策・・・最期。 他の歴史小説と違って淡々と語られますが、かえってチェーザレに対して興味を惹かれました。

「めったにしゃべらない、しかし常に行動している男」

イタリアの歴史を題材にした小説は他にもありますが、どれも面白いです。ぜひ、一読を!

関連リンク(ブログ内)

サイト内のご案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

4冊目 ウェブ進化論

私がブログを始めるきっかけとなった本、梅田望夫著の「ウェブ進化論」-本当の大変化はこれから始まる-を今回は紹介します。

評価:星3つ ★★★

前々から、書店に並んでいて興味を惹かれていましたが、最近になってようやく購入しました。この本を読んでブログを始める気になったのですから、かなりの影響を受けたのを分かっていただけるでしょうか?

章の構成は、序章:ウェブ社会から始まって、グーグル-知の世界を再編成する、ロングテールとWEB2.0、ブログと総表現時代、ウェブ進化は世代交代によって~などの項目が並びます。

「ちょっと難しそうだな」と、思われるかもしれませんが、内容はネットをやったことをある人なら(初心者でも)とても分かりやすく、今インターネットの世界では何が起ころうとしているのかが伝わってきます。

特に、グーグルやアマゾンドットコムのやっていること、そしてこれから目指そうとしていることを読んだ時は、目からうろこというか、新しい世界が見えた気がしました。

グーグルに対しては、単にヤフーを抜いて一番有名になった検索サイト、というくらいの認識でした。はっきり言ってこの本読むまでグーグルアースで自分の家の航空写真が見れることすら知らなかった(w

Googlemap 

東京タワーを表示してみました。最近は航空写真に地図も反映されて見やすくなってます。

自分の家もかなり鮮明に見れることが分かり、便利な反面、住所がバレると家の様子も分かる時代なのかとちょっと不安・・(w

アマゾンドットコムは以前から本やDVDを買うのに利用していましたが、この本のロングテールの理論を読んで本当の意味が分かった気がしました。

アドセンスアフィリエイトを詳しく知ったのもこの本のからです。もちろん、一般に出回っているブログで儲けよう的な本ではありませんので、方法論について書いてあるわけではありません。

しかし、一般的にはHPの広告にあまり肯定的な意見がないことに対して、グーグルによる「富の再配分」のところを読むと、今までマスコミや一部の権威にしか許されてこなかった分野が、パソコンとインターネット環境があれば誰もが参加できるようになったことがどういう事なのかが書かれていて、新しい観点で見れるようになりました(まあ、広告ばっかりなサイトはどうかと思いますけど・・)。

WEB2.0の話はこれから来る将来の話でもあるため、はっきり理解できたわけではありませんが、まさに、「新しいことがインターネットで起こっている一方、私たちは相変わらず、テレビを見て新聞を読み、雑誌を買い~長い時間をかけて緩やかに起こるものである~気づいたときには色々なことがもう大きく変わっていた」と感じるときがやってくるのでしょう。

「自分には別に情報発信することなんてない」と思っていた自分を変えたこの一冊。ぜひお薦めします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)