« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

27冊目 恐怖の存在

「我々は環境問題の各方面について驚くほど実態を知らない」。 マイケル・クライトン(ハヤカワではマイクル・クライトンと表記)の「恐怖の存在(上・下巻)」を紹介します。

恐怖の存在 マイケル・クライトン著(ハヤカワ文庫)  

 

 

評価:星3つ ★★★

マイケル・クライトンが本作(State Of Fear)を発表したのは2004年だそうです。 地球温暖化といえば今では誰もが知っている問題で、二酸化炭素排出権ビジネスまで一般的に認知されるほどですね。

本作では、気象災害を引き起こす環境テロリストの陰謀を食い止めるというストーリーを展開しながらも、「地球温暖化説は単なる仮説で立証されていない」、と作者の意見が打ち出されています。

詳しくは本を読んで欲しいのですが、世界の平均気温と二酸化炭素濃度は確かに上昇しているが、それが二酸化炭素による、いわゆる「温室効果ガス」によるものとは断定できていないというのです。

また、世界の平均気温の測定方法や海面の上昇の測定方法に色々な不確定要素があることや、果たして南極の氷は溶けているのか?といった様々な疑問が作中の人物の口を借りて語られます。

ここまで聞くと、環境問題に敏感な人ならば、「けしからん!」となってしまうかもしれません。 しかし、マイケル・クライトンは環境保護をしなくても良いとか、二酸化炭素を排出しても問題ないとか、そんなことを言っているわけではありません。

さらに言えば、地球温暖化現象を否定しようとしているわけでもないのです。 ただ、「地球温暖化」というキーワードが出るとそれに反論すること自体がタブーとされ、科学的な議論もないがしろにされていることに危惧しているのです。

マイケル・クライトンが作中で「恐怖の極相」と表現する民衆を恐怖という道具でコントーロールしていくこと、それを行っている政治・法曹・メディアの複合体に対する注意喚起こそがこの作品が伝えたい部分なのです。 なんだか、マイケル・ムーアの「ボウリング・フォー・コロンバイン}を思い出しますね。

まあ、マスコミやみんなが言っているから、というだけで鵜呑みにするのは危険ですよね。

ただ、マイケル・クライトンも偏った書き方を昔からするので、「?」な部分もあったりします。 日本人としては「ライジングサン」なども偏見で書かれた問題作ですよね(w 

ともあれ、ストーリー自体もスピーディーな展開のアクションで、先を読ませる魅力は十分あります。 まあ、ハリウッド映画にありがちなストーリーではありますが、なかなか楽しめました。

関連サイトとして下記にワシントンDC開発フォーラムへのリンクも載せました。この作品に対する反論や、問題点が記載されています。 まあ、ざっと読むと、個々の細かい問題にしか反論できていないようにしか見えませんが。

関連リンク(ブログ内)

サイト内のご案内

22冊目 「緊急の場合は」

関連リンク(ブログ外)

ワシントンDC開発フォーラム・環境ネットワーク

恐怖の存在(上巻)

恐怖の存在(下巻)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »