« 2冊目 そして誰もいなくなった | トップページ | ブログのデザイン »

2006年10月 7日 (土)

3冊目 エルリックサーガ 「メルニボネの皇子」

エルリックサーガの第一巻で、マイケル・ムアコック著です。もっとも思い入れのある作品で、もう少し後で記事を書こうかと思っていましたが、ハンドルネームにしているくらいなので今回とりあげます。

評価:星5つ ★★★★★

マイケル・ムアコックの四英雄(エターナルチャンピオン)シリーズの中でも最も有名な代表作です。私は高校生の頃この本と出合い、その秀麗でありながらアイロニー(冷笑的な)たっぷりの文章表現、法(ロー)と混沌(カオス)の均衡のテーマ、剣と邪悪な魔法、魂を飲み干す魔剣「ストームブリンガー」などにすっかり心奪われ、一時期は代表的な台詞はすべて暗記してしまっていたほどハマリました(性格に良い影響を与えたとは思えませんけど・・・)。

エルリックサーガは、かつて光の帝国と称えられ、一万年もの間全人類を支配下に置いた、メルニボネ帝国の最後の皇帝であるエルリックの物語です。 「黒の剣の年代記」から引用すれば「途方もない規模の葛藤と、気高き野望の物語。魔術と裏切りと、価値ある理想の、苦痛と恐るべき歓喜の、苦き愛と甘き憎しみの物語である。これは、メルニボネのエルリックの物語。エルリックはその大半を、悪夢の中でしか回顧できぬであろう。と記されている物語です。 ここの苦痛と恐るべき歓喜、葛藤と野望、苦き愛と甘き憎しみという相反するものが混ざり合う表現がかなり好きです。

「メルニボネの皇子」では、帝国の力も徐々に弱まる中、アルビノで体も弱いエルリックとその従弟であるイイルクーンの覇権争い、エルリックが愛していた従妹サイモリルの誘拐と奪還、地獄の大公アリオッチとの契約、そしてなぜエルリックが地獄の魔剣、ストームブリンガーを持つに至ったかが語られます。

主人公のエルリックは、魔術の知識では誰にも引けを取りませんが、上でも述べたように、生まれつき体が弱く、薬草無しでは生きていくことすらできません。それまでのファンタジー小説のヒーローといえば、ロバート・E・ハワード著「コナン」のように筋骨隆々とした野蛮な戦士タイプが多かったのに対してまったく逆をいってます。

そして、メルニボネ人は全体的に残虐で、混沌を信仰してるような種族です。エルリックはその中では異端とされますが、それでも人間から見れば十分残虐で、ダークヒーローが流行った大元となってます。”従妹殺しのエルリック”、”同族殺し”、”魂の盗人”と後に呼ばれるエルリック。

混沌の神々に裏切られ、不信感を持ちながら、法の神々にも違和感を感じ、使い手の友人や恋人の魂を最も好む暗黒の魔剣、ストームブリンガーを憎みつつも手放せない、苦悩し続ける運命。

よりよき世界を目指しながら、逆らえない運命に弄ばれ、世界を巻き込む法と混沌の争いに向けてエルリックは様々な冒険と人との出会いと別れを繰り返していきます。

D&D(ダンジョンズアンドドラゴンズ)のインテリジェンスソードなんかはこの本の影響を受けたのではないでしょうか?とにかくエルリックサーガがその後のファンタジー界に与えた影響は計り知れないでしょう。余談ですが、SNKの格闘ゲーム、キングオブファイターズに出てくるハイデルンの使う必殺技「ストームブリンガー」ってそのまんまですね(w敵の体力吸い取るし・・

この本は万人にはお薦めできません(w ハッピーエンド、楽しい物語を求める人にはまったく向かないと思います。 しかし、もしハマったりすると貴方の人生に多大な影響を与えるかもしれない・・・そんな本です。

ちなみに、上のほうの画像の本はもう絶版になってるようです。そして最近になって復刻版がでました!同じ早川書房からで、1冊に以前の2冊分が収録されているようです。 ざっと見ますと、時系列順に話を並べ替えたり手が加えられている感じです。ですが・・・・自己評価は残念ながら星4つ・・・なぜって、本の表紙の絵が天野喜孝の絵でなくなってるのが残念だからです・・・高校生の頃から天野喜孝の絵でイメージしていただけに、やはりなじめないですね・・・。もっとも、これから読む人ならば、先入観なくていいのではないでしょうか。 ちなみに、原作の絵は骸骨のお化けみたいらしい・・・・

11冊目でエルリックサーガ最終巻「ストームブリンガー」について感想を書きました。よろしければ、そちらもご覧になってください~。

関連リンク(ブログ内)

25冊目 エレコーゼサーガ「剣の中の竜」

11冊目 ストームブリンガー

13冊目 紅衣の公子コルム

サイト内のご案内

 ←販売してます。

|

« 2冊目 そして誰もいなくなった | トップページ | ブログのデザイン »

ファンタジー・SF」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

作品が懐かしくて来ました!
素晴らしい紹介文です。
当時中学生だった自分は、受験勉強そっちのけでこのシリーズを読みましたよ。
悲惨な運命に翻弄されるエルリック。
ストームブリンガーとの奇妙な共存(?)

懐かしいです。
ありがとうございます

追記
確かに旧SNKのKOFに登場したハイデルンが使う『ストームブリンガー』はこの作品の影響でしょうねw

投稿: ノーベル | 2008年2月 1日 (金) 09時21分

ノーベルさん、コメントありがとうございます!
このシリーズを初めて読んでいた頃は寝不足の日々が続きました・・・今感想を書いているものの他に、「真珠の砦」についても書きたいなぁと思っています。
まだ新版の「スクレイリングの樹」などが詰ん読になっているところが、エルリックファンとしてまだまだな点ですね・・・。
筆無精ですが、これからもよろしくお願います~。

投稿: Elric01 | 2008年2月 1日 (金) 22時10分


無毛同士でセクロスやべぇ。。。。。。。
うまく言えないが、成熟してない初物マヌコを
ムチャクチャにハメまくってる気分だわ((ミ ̄エ ̄ミ))
http://b9fypnd.misekun.xa%62rina.net/
オナ見せ合いで終わらせなくて良かったw

投稿: 萌える闘魂1000% | 2010年2月28日 (日) 09時39分


ついに彼女いない歴=年齢の俺にも春が来ました!!!!

http://yes.chibatetsuya.com/cwqnoyv/
ぶっちゃけコレなら女の子とイチャイチャしながらお金も稼げるしな!!
最近じゃ3日に1回のペースでセックチュしてますぞぉぉぉ!!!!

投稿: オレの時代きたこれwww | 2010年3月15日 (月) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191185/12185719

この記事へのトラックバック一覧です: 3冊目 エルリックサーガ 「メルニボネの皇子」:

« 2冊目 そして誰もいなくなった | トップページ | ブログのデザイン »